上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
またまた旅の話である。
5月18、19日にみちのくに出かけた。東京駅から東北新幹線に乗り、第一の目的地である郡山へ。この地には、エレックレコードのスタッフで昨年9月に脳梗塞で倒れた、“ブン” こと國分教貴の実家がある。彼はいまそこでリハビリに励んでいるのだ。

駅に着くと、ブンのお父さんが車で迎えに来てくれていた。車窓の外には、のどかな田園風景が広がっていた。ブンの実家に到着、母親とブンの出迎えを受ける。8ヶ月ぶりの対面だった。握手をしようとしたが、ブンの右手はまだ動かない。笑いながら左手で俺の手を握り返してくれた。

「教貴、よかったね。社長さんがこんな遠くまで来てくれたよ。社長さんをテーブルまで連れてってあげなさい」
母親に言われてニコニコ笑いながら歩くブンの後に付いて行くと、俺の酒好きを知ってか、テーブルには酒のつまみが用意されていた。田舎を感じさせる漬物や甘露煮、そして刺身など。ブンがビールを持ってきてくれた。左手一本で器用に缶ビールを開け、グラスに注いでくれる。

「ブンの酌でビールが飲めるなんて、俺は幸せだ」
「俺もです」
たわいない話が続き、一段落した後で俺は言った。
「ブン、お前6ヶ月でリハビリを完成させて、エレックに戻って来い」
「えっ6ヶ月ですか!?」
無理は分かっている。が、俺がブンにしてあげられるのは、希望を置いてくることくらいだと考えていた。
楽しい時間はすぐに過ぎていく。缶ビールも5本ぐらいは飲んだだろうか。そろそろ行かなければならない。
帰りは、家族全員で郡山まで送ってくれた。

スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://hagiwarakatsuki.blog44.fc2.com/tb.php/20-5bccf7bc
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。