上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 なぜか六本木ヒルズには興味がなかった。
あんなところは田舎者のいく場所で、わざわざ足を延ばして行くこともあるまいと思っていた。
 ところが、ひょんなことからその六本木ヒルズに行くことになってしまった。ビジュアルバンドの彩冷えるが「ゲーム☆アクション」という映画の主題歌(ation)と挿入歌8三秒)を担当するだけでなく出演までしており、その舞台挨拶がヒルズにあるシアターで行われるらしく、わが弟分のMクルーの代表、森崇君に誘われたからである。ここ数カ月、彩冷えるのメンバーの顔も見ていないので、表敬訪問も兼ねていざ六本木ヒルズに向かった。
 日曜日の午後ともなると、ヒルズ界隈は人の海と化している。「やはりここは、我が身を置く場所ではない」と思いつつ、何とかシアターに着き、楽屋へと案内されメンバーに会った。丁度真っ最中の23本のツアーは残りわずかと言うことで、メンバーの顔にも安堵の兆しが見受けられる。厳しいツアーの合間を縫っての映画公開の舞台挨拶。見えないところでよほど体調管理に努めているのだろう。バンドはやっかいなもので、5人編成ならその5人の誰が欠けても演奏は不可能になる。若者に“自己管理”とやかましく言うオヤジがいるが、彼らを見ていると、自分にはそんなことを言う資格がないことを重々承知する。
 映画が始まった。Q・タランティーノが脚本を書いた「フロム・ダスク・ティル・ドーン」を思い出させるような映画である。ようするにゾンビ怪奇映画とコメディーが合わさった内容だ。しかし、このシアターは日本一豪華ではないだろうか。ここは、あのジョニー・デップも舞台挨拶をしたと言うことで一躍有名になった。
 映画も終わり楽屋に挨拶に出向いたが、彩冷えるとファンの握手会に時間がかかるようなので、申し訳ないがお先に失礼させてもらった。
 表に出ると、来る時には感じなかったが街の変化に戸惑うばかりである。だれが予想しただろうか、高層ビルが遊び場になることを。自分の六本木はバブルで散ったが、今なおも進化を感じさせられる。進化が良いことばかりとは思わぬが、旧態以前とした体質より良い。あと10年たったらこの街はどうなっているのだろうか。街だけではなく、日本がと言ったほうが正しいのかも知れない。

 DVC00119.jpg
スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。