上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 5月10日(日)、恵比寿ガーデンホールで行われた泉谷しげるの誕生ライヴ〈生まれ落ちた者たちへの生誕祭〉に出かけた。アンコールで忌野清志郎の「雨上がりの夜空に」が流れ出し、思わず熱唱した。ふっと気がつくと、頬に涙が流れていた。
 清志郎さんとは縁がないわけではなかったが、一緒に飲んだとか遊んだとか言うほどの関係ではなかった。58歳で世を去っては欲しくないロッカーであった。
 先日は、アシュリー・ヘギが17歳の若さでこの世を去った。難病のプロジェリアの患者であった。アシュリーは、「次に生まれるとしたら誰に生まれたい?」とDJに聞かれたときに、「もう一度自分を選ぶ」と答えていた。
 清志郎さんは、次に何に生まれてきたかっただろうか。
 命とは何だろう、と改めて思う。
 歳を取り、子供の介護がなければ生きていけなくなった親の命を守るために介護していたはずが、いつのまにかその介護に疲れ果て、無理心中をはかる親子のニュースが後を絶たない。
人はなぜ、泣きながら生まれてくるのか。人の世が地獄だからか。いやでいやでしょうがなくて生まれてくるからか。わからない。
自分も今年還暦を迎えるが、別にそれほど気にはならない。歳を取ったと感じるのは老眼ぐらいで、それ以外は若いときとほとんど変わっていない。おっと、食べる量は減ったか。若い頃はラーメン・餃子・チャーハンを軽く平らげたが、いまは食べきるので精いっぱいだ。酒を飲んだ翌日は、スポーツジムで大量に汗をかくようにしているが、それは飲んだ分を汗で流せばプラス・マイナス・ゼロだ、と思っているからで、でも、そんなのは自分に嘘をついているに過ぎないということに、本当は自分でも気がついている。
死ぬことを平気だとは思えぬが、そろそろそういう運命を受け入れる覚悟をしなければいけない歳に近付いている。思うがままに生きたいと誰しも願うが、それは無理だ。寿命が300年ぐらいあれば別だが、生まれたときから、死はその先にあるのだから、この世に生まれたことを潔く貫き通す人生が送れれば、幸せとしたい。
つれづれにそんなことを思いながら、忌野清志郎さんのご冥福を祈る。
スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。