上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2009.04.12 札幌への旅
 相変わらずあちこち旅をしています。もうひと月ほど前ですが、北海道の千歳へと旅立った。ビュジアル系バンド「彩冷える」の札幌ペニーレインでのライブに行くためでした。私どもの新人バンド、absorbが大変お世話になった、クリプトンフューチャー社への挨拶も兼ねての旅でもありました。千歳に着き乗り換えで札幌に向かう。空はどんよりとした曇り空。クリプトン社にお邪魔するのは二度目、手土産は長女が務めている店のマカロン。
 最初に出迎えて頂いたのが同社の西尾さん、後に久保さんを紹介して頂き、自分が若き日にいたポリドールレコード時代に、平沢進率いるP-MODELのメンバーだったと知る。昔話しに花が咲き、伊藤社長にもお会いでき、なぜか数十年来の仲間と会っているような気分に。そもそも、クリプトン社との出会いは、absorbのリーダー森晴義がニコニコ動画で初音ミクのファンになったことからの始まりだ。晴義に感謝。
 クリプトン社の皆さんと「彩冷える」のライブへ。「彩冷える」のライブを初め見たとき必ず売れると確信し、「彩冷える」を世に出す手伝いが出来ればと思い、微力ですが応援団みたいな気分で持ち上げています。熱狂ライブが終わり、すすき野にある割烹料理屋で西尾さんとお仲間たちから接待を受け、伊藤社長まで駆けつけていただくと言う感謝につきる時間を頂きました。そして、「彩冷える」の所属事務所を運営している我が後輩の森崇君が、なんとメンバーを引き連れて参加してくれました。二次会はオシャレなBar、まさに至れり尽くせり。夜中まで相手をして頂き、クリプトン社の皆さん、森くん、そして「彩冷える」のメンバー、本当にありがとうございました。
 翌日、森君と昼ごはん、二人で豪華なカニづくしを堪能しました。森君はそのまま関門トンネルを超えて仙台に向かうので、しばしの別れ。
少し酔いが回ったのか、札幌駅で千歳までの行き方が分からず立ち尽くしていると、赤ちゃんを抱いた親切な女性が「どちらに行くのですか?」と声をかけてくださり、「千歳です」と答えると、その女性が赤ちゃんを抱きながら切符売場まで案内してくれました。北国の人々の親切に、なぜか思わず少し涙線が緩んでしまいました。
 ありがとう札幌の仲間たち…。
スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。